- お知らせ -
☆年末年始の休診のお知らせ
 平成29年12月30日(土)から平成30年1月4日(木)までお休みさせて頂きます。
 平成30年1月5日(金)より通常診察致します。

☆国分寺市人間ドックを行っています。
 予約をお待ちしております。
 
☆当院オリジナルの人間ドックも行っています。国分寺市以外の方やお忙しい方や主婦の方にお勧めです。

対応している携帯で読み取ると、
携帯版ホームページに接続できます。

かくれ肥満とメタボリックシンドローム

マルチCTを導入しました

内臓脂肪型のかくれ肥満が気になる方は、お早めに当院へご相談ください。

「肥満」「高血圧」「高脂血症」「糖尿病」は心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす、動脈硬化の危険因子。
それらの最大の原因が、内臓脂肪型のかくれ肥満です。

CT装置であなたの内臓脂肪を測って見ませんか

今 話題のメタボリックシンドロームとは、 肥満、高血圧、高脂血症、糖尿病といった生活習慣病が、単独では軽症でも、 2つ3つと集積すると心筋梗塞や狭心症など虚血性心疾患を高率に引き起こすことが判ってきました。 これら病気の集積した病態をメタボリックシンドロームと言います。

そして、日本人では腹囲(へその位置)が男性85cm以上、女性90cm以上で内臓脂肪の過剰な蓄積ありと考えられます。
(男女とも内臓脂肪面積が100以上内臓脂肪型肥満と診断されます)これにトリグリセリド(中性脂肪)またはHDL-コレステロール血圧 と空腹時血糖の3項目のうち2項目以上に異常値があればメタボリックシンドロームと診断します。

*従来、内臓脂肪の量を測定することは困難でしたが、当院のCT装置ではソフト が発達し、内臓脂肪の量を測定することが容易になりました。

【旧】腹部画像

【新】脂肪画像


※費用/検査内容等の詳細は、放射線科窓口にご相談ください

※ご来院の際は、健康管理手帳をご持参下さい。

「血圧が高い」「血統が高め」「血液中の脂肪が多い」

これらは、内臓脂肪型肥満が原因で発症します。この状態がいくつか重なって現れたら要注意!メタボリックシンドロームと呼ばれる、複合生活習慣病です。

チェック!!あなたはメタボリックシンドロームではありませんか…?